読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

初心者の為のLoL辞典

LoL初心者の方やこれから始める人に少しでも参考になれば光栄です。 間違ってる部分が合った場合ご指摘してくださると助かります。

初心者の為のLoL辞典 9ページ目 -上手くなるための秘訣!

友達が居なくてどうやって上手くなればいいのか分からない....

誰にアドバイスを聞けば良いのかわからないよ! って人に読んでほしい記事です。

ではどのような事をすれば良いか紹介します!

上手い人の動画を見る

長所

  • 上手い人なので立ち回りやCS、ハラスの立ち位置がわかる。
  • 同時にマップを見ると寄るタイミングやワードの位置なども覚えられる。
  • 動画によっては、そのプレイヤーの『マスタリー』『ルーン』もわかるので参考になる。
  • チャンピオンによってはコンボやテクニックなどがわかる。

短所

  • 『アップロード順』にしないと現パッチと違う場合がある。
  • プロの選手の名前やチーム名を知らないと参考にならない動画に出会う可能性がある。
  • 正しく見ないとテクニックやコンボばっかを覚えてしまい、基礎が成り立たなくなる


動画を見る際に注意するべき事

  • 実際にプレイしてる時のようにマップを見て戦況を確認すること。
  • 本人達は戦況に合った動きをしてることを理解する。
  • 『スキルオーダー』や『アイテム』など、対面に変える事はよくあるので複数の動画を視聴する事

上手い人のプレイは真似をしていくのが一番良いと思います。

技を盗めたらきっと試合をぶち壊すことが出来るでしょう!

ただし技ばっかを盗もうとして基礎を忘れては元も子も無いので注意が必要です。

ビルドガイドを参考にする

長所

  • プロビルドガイドも存在しているので、戦い方やスキルオーダーなどの理由も書かれておりとても参考になる。
  • プロビルドガイドでは無くとも参考資料になる。
  • 新しい発見が見つかり、自分の糧になる。

短所

  • 現状日本鯖が来たばかりなので、日本のビルドガイドが少ない。
  • それと同時に日本のプロビルドガイドも少ない
  • 大量のプロビルドガイドを見る場合は海外のビルドガイドサイトを見ないといけない。

今現在参考になる日本のビルドガイドサイトは、

LoLBuild.JP』と『League of Legends 総合ガイドページ』の2つを参考にすると良いでしょう。

英語が読める人は海外のビルドガイドサイトの
SoloMid』『LoLking』を参考にすると良いでしょう。

装備やスキルオーダー,ルーン,マスタリーのみを知りたい方は
Chanpion.gg』『PROBUILDS』を確認すると良いと思います。

Chanpion.GGは英語が読めなくても見るだけで感覚的にわかるのでお参考になります。

尚且つ現在の勝率なども確認できるのでとてもおすすめのサイトです。

プロの配信を見る

長所は大有りですが短所なぞ無いとは思いますが一応、

長所

  • 日本のプロの配信であれば、何を考えて行動しているのかがわかる。
  • どのようなカメラワークをしているのか、など動画とは違った参考になる所もある。

短所

  • 英語が分からない場合は海外の配信はカメラワークなどしかわからない。

このように色々な方法で自分の腕を上げるための方法は沢山あります。

この中に紹介していない物もありますが、他にも沢山あります。

使えるものは全てを活用して自分の腕を上げて行きましょう!!!


10ページ目を読む
lolsyosinsyaziten.hatenablog.com